白ロムを手放す際は、携帯に個人情報の残りがないか完全確認

白ロムを手放す際は、携帯に個人情報の残りがないか完全確認

白ロム

正規の携帯ショップなどに携帯電話を持って行って、その場で解約処理をしたのであれば、殆ど問題はありません。 ただ、紛失したり、故障したりという事で、本体を持ち込まずに解約をした場合には要注意!

その電話をオークションに出したり、中古買取店に売ったりした場合(例え故障品でも"ジャンク品"として売れるのです)に個人情報の流出をしてしまうことがよくあります。

正規店で解約した際でも、機種によって一部データは残っている場合があります。 全く画面が見られない故障品であっても、プロにかかれば中のメモリーに書かれたデータは容易に読み取ることができるのです。

それらの情報は、場合によっては悪用の対象となります。
アドレスや番号はもとより、メールの内容は時として脅迫の対象となります。
どんなところからでも、敵は金をむしりとる材料を見つけます。

白ロムの取引は、データが消去が当たり前のように思われていますが、
決して完全にデータ消去されている白ロムばかりではありません。
「絶対ということはないのだ」と自分に言い聞かせて、手放す前に、
今一度、自分の携帯電話の「完全に白」であることを確認しましょう。

わからなければ当該メーカー取扱い店に持って行き、確かめてもらいましょう。
用心はどれだけしても、し過ぎということはないものなのです。

カテゴリー:詐欺撲滅7ヶ条

安心・安全のナンバーワン白ロム通販サイト

白ロム

【エコたんJP 白ロムの買取販売】

スマートフォンにとっても強い!あなたが求めている携帯を激安価格で購入することが出来ます。全国展開の中古携帯業者の大手ですので、取引は安心して行えます。 売りたい場合は不要な携帯をオンラインで査定してくれるからとっても便利!