白ロムの豆知識

灰ロムとは?

灰ロム

灰ロムとは、白と黒の中間、即ち半々という意味です。
すなわち、解約した端末にも関わらず、まるで利用可能なように見える携帯端末の事を指します。 電話による解約や、電話機紛失によって解約だけ済ませた端末などがこれに該当します。

解約済みであれば、電話としては当然使えないのですが、端末内部のROMには電話番号などの情報が残ったままとなっています。 尚、サービスエリア内であれば普通に電波をキャッチするためアンテナマークが表示されます。

「一体何の利用価値があるのか」と思われるでしょう。

実は電波の強さをチェックする計器として利用したり、回線契約をチェックする
アプリゲームを起動したりと、一部マニアの間で好まれて取引されてさえいます。

灰ロムは、白ロムに移行するまでの途中の段階なわけで、
本来は販売店などに持ち込んで白ロム化してもらうものです。

しかし電話番号情報を消去して白ロム化するには、加入者本人の確認が必要となるため、
他人から譲り受けた灰ロムの場合にはすぐに処理ができません。

特にオークションなどで入手する際には注意が必要となります。
FOMAのFOMAカードのように、着脱可能なROMにも黒ロム、白ロム、灰ロムはあります。
購入前のFOMAカードは白ロムで、購入時に電話番号情報が書き込まれ黒ロムとなります。

ただし、解約の際はショップでカードが処分されるので、
白ロムとしてカードが手元に戻ってくることはありません。
電話機紛失の届けで解約されたFOMAから抜き取られたカードは灰ロムとなるわけです。

カテゴリー:白ロムの豆知識