白ロム利用の際の事務手数料は?

白ロム利用の際の事務手数料は?

白ロム

「白ロム」を使っての機種変更は簡単で、
事務手数料などの費用も0~2000円程度と格安で済みます。

以下、メーカー・機種別に見て行きましょう。

●NTTドコモの場合
1.FOMAからFOMAへの変更
FOMAカードをご自身で差し替えるだけなので、簡単に出来ます。
ショップに行く必要はありません。
2.movaからFOMAへの変更
お近くのドコモショップにて手続きをします。
契約事務手数料 2,100円(税込)が必要です。

●auの場合
お近くのauショップにて手続きをします。
契約事務手数料 2,100円(税込)が必要です。

●ソフトバンクの場合
1.3Gから3Gへの変更
USIMカードを自分で差し替えるだけなので、ショップに行く必要はありません。
2.3GからiPhone 3Gへの変更
3.iPhone 3Gから3Gへの変更
4.2Gから3Gへの変更

この場合も、お近くのソフトバンクショップで手続きをします。
契約事務手数料 1,995円(税込)が必要です。

●ウィルコムの場合
1.W-SIM対応機種からW-SIM対応機種への変更
W-SIMを自分で差し替えるだけなので、ショップに行く必要はありません。
2.上記以外の場合
お近くのウィルコムカウンターでの手続きが必要になります。

契約事務手数料 2,100円(税込)がかかります。

●イーモバイルの場合
1.EMchip対応機種からEMchip対応機種への変更
EMchip(SIMカード)を自分で差し替えるだけなので、ショップに行く必要はありません。
※音声端末(ケータイ)とデータ通信端末(データカード)は、別々のEMchipが必要です。
2.上記以外の場合
イーモバイルでは端末持込の新規契約やEMchip(SIMカード)のみの発行はできません。

参考:新規契約事務手数料
・NTTドコモ 3,100円、au 2,835円、ソフトバンク 2,835円、ウィルコム 2,835円(税込)
※手続き費用等のデータは2009年5月現在のものです。

カテゴリー:白ロムの豆知識

安心・安全のナンバーワン白ロム通販サイト

白ロム

【エコたんJP 白ロムの買取販売】

スマートフォンにとっても強い!あなたが求めている携帯を激安価格で購入することが出来ます。全国展開の中古携帯業者の大手ですので、取引は安心して行えます。 売りたい場合は不要な携帯をオンラインで査定してくれるからとっても便利!