白ロム詐欺の手口 法人契約詐欺編

白ロム詐欺の手口 法人契約詐欺編

白ロム詐欺

各携帯会社では、新規契約時の複数回線契約を厳しく制限しています。
昔は1つのキャリアで一人が4回線も5回線も契約できました。
現在では同一会社の携帯で1日に1~2回線しか契約できません。

それでも、何とか白ロムを大量に入手しようと考える輩はいるようで、
新たな手口として「法人契約」というものが出ています。
これにより一度に複数回線を契約するというものです。

「法人契約」とは、例えば「鈴木○郎」などの個人名義ではなく、
架空の会社名義で(又は会社になりすまして)契約をするというもの。
「架空の会社」とうことは、「登記簿印鑑証明書」などの
書類を使って契約するもので、法人名義であれば4回線は契約できます。

法人契約をするために必要な書類は、
●法人の印鑑登録証明書・登記簿謄(鈔)・現在(履歴)事項証明書のうちいずれか1点
●来店者の本人確認書類、来店者の社員証または名刺
●これらの他に法人印鑑、通帳など

とにかく法人を証明するためには個人とは比較にならないほど、
多くの書類が必要になってきます。法人契約版の白ロムバイトがあって、
雇い主から渡されたこれらの書類を持って契約に行くのですが、
これは個人(自分)名義での契約など問題にならないほどに危険です。

なぜなら、その書類をどうやって用意したかという事です。
架空の会社であれ、誰かに本当に作らせた会社であれ、
実際の会社になりすまして入手した正規の書類であれ、
刑法上の有印私文書偽造(刑法159条)及び偽造文書行使(刑法167条)、
あるいは携帯電話不正利用防止法違反で検挙、又は全て該当となり、明らかな犯罪行為です。

大抵は、窓口で怪しまれて警察に通報されます。
もし捕まるとしても、恐らく窓口に行った本人だけという事を忘れずに...。
白ロムさえ手に入れば、貴方の事はどうでもいいという事なのです。

「絶対にリスクはない」
「あなたに連絡が行くことはない」
「絶対にバレない」

などと、安心させる為にうまく言ってきますが、
絶対にバレます。

その場で上手くいっても後で絶対にバレます。
しかも、捕まるのはあなただけです。

例え一台3万円貰えたとしても、4台でたったの12万円。
たった12万円で長い刑務所暮らしになるのは悲しい結末だとは思いませんか?

カテゴリー:白ロム詐欺に要注意

安心・安全のナンバーワン白ロム通販サイト

白ロム

【エコたんJP 白ロムの買取販売】

スマートフォンにとっても強い!あなたが求めている携帯を激安価格で購入することが出来ます。全国展開の中古携帯業者の大手ですので、取引は安心して行えます。 売りたい場合は不要な携帯をオンラインで査定してくれるからとっても便利!